「日本人」になれない外国ルーツの子供たち By: ヤフー

「日本人」になれない外国ルーツの子供たち By: ヤフー

img_1464.png

題名 A respeito : 在住外国人


日本で暮らす外国人が年々増えるなか、外国にルーツをもちながら日本で育つ子供たちも増加している。だが、日本語教育のサポートなど学校側の受け入れ体制は整っていない。肌の色の違いや日本語の拙さからいじめられるなど、疎外感やアイデンティティの揺れに苦しんでいる子も多い。

大坂なおみは3ヵ国にルーツ

9月、テニスの大坂なおみ選手が全米オープンで優勝すると、彼女の国籍やアイデンティティをめぐり日本のメディアやSNS上ではさまざまな意見が飛び交った。なかには、ことさら「日本人らしさ」を強調する報道や、彼女の容姿や日本語に言及して「日本人と呼ぶには違和感を覚える」などの差別的な表現まであった。

いずれも、自分たちが思う「日本人」という枠の中だけで大坂を語ろうとした、ステレオタイプな見方だった。

大坂は日本人の母親とハイチ系米国人の父親のもとに大阪で生まれ、3歳でニューヨークに移り住んだ。日本とハイチとアメリカという3つの国にルーツをもつテニスプレーヤーだ。

そんな大坂に対し、日本社会がやや過剰に反応したり偏見を押しつけたりした理由の一端は、彼女のように多様なバックグラウンドをもつ日本人の存在をあまり知らない、あるいはそうした人々にきちんと向き合ってこなかったからではないだろうか。

だが実際には、大坂のように複数の国にルーツをもちながら日本で育っている子供は大勢いるし、これからもっと増えていくことが予想される。そして、そうした子供たちは外見の違いや日本語力、制度上の問題などによって、「日本人」という枠の中からはじきだされたり、生きづらさを感じたりしていることが少なくない。

「もうこの世界にいたくない」

東京都内の小学校に通うデボラ(仮名、11)も、そんな外国ルーツの子供の一人だ。両親は南米出身で、長年日本で働いている。デボラは日本で生まれたが、この国は血統主義をとるため、彼女の国籍は両親と同じ外国籍だ。

デボラは以前、自分の体を傷つけたことがある。

なぜそんなことをしたのかと尋ねると、彼女は目を赤くして視線を落とし、絞り出すように言った。

「違うクラスの子たちに、あだ名で呼ばれたり……うちのこと『殺すよ』って言われたり……この世界にもういたくないって思って」

そのあだ名とは、デボラの名前から連想した、彼女を「害虫」扱いするものだった。「宇宙人」と呼ばれたり、石を投げられたりもした。いじめは何ヵ月も続いた。

学校ではあまり話さないし、「友だちはそんなにいない」と言う。「みんな、うちのこと嫌いだと思うから」

続きはこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00000004-courrier-pol


by: ヤフー

連絡先 Contato : https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00000004-courrier-pol


自動投稿 Postador autom?tico

https://amigojp.com

※só poderá votar uma vez por matéria
  • もっとみたい Quero ver mais (0)
  • いいね Curtir (0)
  • 偽情報 Informação falsa (0)
  • 最悪 Ruim (0)
Sem comentarios

Sorry, the comment form is closed at this time.