Materia

題名 A respeito : 性病急増している 検査キットバンクで検査キットが売られています!!コチラ⇒ https://kensakit.site/ 梅毒の感染がいまだに拡大している。厚生労働省は、梅毒の発生動向をより詳細に把握することを目的として、来年をめどに届け出基準を改正する見通しだ。特に増加が著しいのは20代の女性であるが、「自分は大丈夫」、「日本は大丈夫」とは考えてはいけない。対策を真剣に検討すべきである。(医療ジャーナリスト 木原洋美) 20代女性は5年で14倍 男性は20〜50代で4倍! 梅毒の流行が大変なことになっている。 2016年9月、筆者は「感染拡大が止まらない、このままでは年末に4000人を突破!?」(参照記事『女子高生まで!梅毒の感染拡大が止まらない理由』)と警鐘を鳴らしたが、あんなのはほんの序の口だったのだ。 というのも国立感染症研究所の発表によると、2018年第44週(10月29日〜11月4日)、医療機関から届け出があった累積患者数は5811例。このまま行けば年内に6000例超えはほぼ確実とみられる。 梅毒の届け出数は、2014年頃から急激に増加し始め、昨年は年間報告数が44年ぶりに5000例を超えたことが話題になった。 特に増加が著しいのは20代の女性で、2013年〜17年の5年間で、20〜24歳では40例から551例で約14倍、25〜29歳では33例から418例で約13倍に増えている。一方男性は全体的に女性よりも患者数が多く、25〜54歳まででは728例から2877例で約4倍。特に45〜49歳では91例から484例で5倍以上に増えている(厚生労働省『性感染症報告数 年齢(5歳階級)別にみた性感染症(STD) 報告数の年次推移』)。 どうしてこんなことになったのか。 理由として2016年に挙げたのは、「性行為の低年齢化」と「コンドームを使わずに性行為を行う人が増えている」ことだった。「身を守る術(すべ)を知らない」若者の実態が反映されているとの考察が主流を占めていたのである。だが2年たって、改めて考えてみると、本当かな?と思う。 なぜなら性行為は以前から低年齢化していたし、コンドームを使わない性行為もしかり。1940年代のペニシリンの普及以降、劇的に減少していた発症数が2013年あたりから急増に転じたのには、それ以外にも理由があるはずだ。 急増する外国人旅行者が 「過去の病気」をよみがえらせた? 2013年以来、増えているのは何か。 理由として注目されているのが訪日外国人旅行者の急増だ。2013年には初めて1000万人を超え、2015年には約1974万人と前年比47.1%も増加。2016年には約2404万人に達し、わずか3年で2.3倍にも伸びている。 しっかりした調査が行われていないので断定はできないが、関係はかなり深いとみて間違いない。 例えば、訪日外国人数第1位の中国では、日本以上のペースで梅毒の感染が拡大しており、中国の全体人口が日本の10倍なのに対して梅毒患者数は300倍だという。訪日数2位の韓国も近年、梅毒やHIVなどの性感染症が急増している。 外国人の患者が来日し、性風俗産業で働く若い女性に感染させている可能性は十分に考えられる。2014年以降に患者が急増したある地方都市の調査では、2017年に異性間性交渉で感染した男性のうち71.2%が過去数ヵ月以内に風俗店を利用しており、女性の25.9%はCSW(コマーシャルセックスワーカー:性労働者)が占めていたというデータがある。 訪日外国人⇒20代風俗嬢⇒大人の男性たち という図式だ。 大人の男性たちの先では、30〜40代の女性たちにもじわじわと拡大が広がっている。 ただしここで、強調しておきたいのは、決して「外国人は来るな」という短絡的な結論に至ってはいけないということだ。国際化が進み、アジアはどんどん一体化しているということが背景にある。それはインフルエンザが冬の病気から通年の病気へと変化しつつあることでも分かるだろう。そもそも感染症対策は「どこの国に責任がある」という問題ではなく、こうしたグローバル化の進展を念頭に考えるべきものなのである。 ちなみに、「風俗との関係が深そうだ」というと、「自分は関係ない」と思ってしまう人がいそうだが、甘い。 感染拡大には、近年増えているSNSや出会い系アプリを通して知り合う交際も影響していると、多くの専門家はみている。 なんとかしなければいけないのだが、対策がなかなか効果を発揮しないのは、医者にも患者にも「梅毒は過去の病気」という認識があるかららしい。 ほんの100年前の大正時代には、日本人成人男性の10人に1人は梅毒だったというデータがあるし、戦後間もない1949年には年間17万6000人余りの患者が発生したと報告されている。特効薬である抗生物質ペニシリンの実用化と普及のおかげで、患者数は激減したが、かかる人が減れば当然、医者も梅毒の診断に疎くなる。 梅毒は、視力低下(ぶどう膜炎)、頭痛、関節炎、腎炎など非常に多彩な症状をきたす一方で、全く症状がない時期もあるため「偽装の達人」と呼ばれるほど診断が難しい。 しかも症状がない期間も感染力はある。 患者は、自分では性病と気づかないまま、泌尿器科、皮膚科、産婦人科などを受診し、医者は医者で梅毒と見抜けず、根本的な治療を行わないまま患者を帰してしまうため、梅毒の感染拡大にぜんぜんブレーキがかからない事態になっているのである。 「日本だけは大丈夫」 正常性バイアスが危機を呼ぶ このような状況から日本医師会は今年8月、会員に対して、日本性感染症学会と協力し「梅毒診療ガイド」のダイジェスト版を配布。「全診療科の医師が、梅毒が増えていることを念頭において、非特異的な皮膚病変、あるいは皮膚以外でも説明がつかないような臓器病変を診たら、積極的に抗体検査を行って、梅毒の可能性を除外していくようにしてほしい」と呼びかけた。 また検査を受けて陽性だった場合には、パートナーの受診を医療従事者が積極的に推奨することも重要だと説いた。 厚生労働省は、梅毒の発生動向をより詳細に把握することを目的として、来年をめどに届け出基準を改正する見通しだ。新たな届出事項には、性風俗産業の従事歴・利用歴や梅毒既往歴、妊娠の有無などが加えられる予定だという。 では、我々一般人はどうしたらいいのか。 梅毒はHIVなど他の性病と比べて非常に感染力が強く、たった1回の性交で感染する可能性は15〜30%もあり、誰でも感染しうる。 予防には、「不特定多数の人との性行為を避けることと、性行為の際は最初からコンドームをつけること」がいいと言われているが、感染リスクを減らせるだけで完璧ではない。 予防よりもむしろ、感染が心配なときは検査を受け、陽性だったら確実に治療し、他人にうつさないようにすることが肝心だというが、正直、実行する人は限りなく少数派だと思う。 というのも、例えば成人病予備軍とされる人たちは、どんなに「健康のために生活習慣を改めましょう」と呼びかけても、なかなか生活を変えようとはしない。人間は、無症状のまま差し迫る危機に対しては「正常性バイアス」が働いてしまう生き物だからだ。 正常性バイアスとは、水害、地震、津波、火災などの危険が目の前に迫っていても、正常な日常生活の延長線上の出来事だと決めつけ、「自分は大丈夫」「まだ大丈夫」などと思い込んでしまう人間の心理的な傾向を指す。 風俗にハマっている男性陣は、たとえこの先、感染リスクがどれだけ叫ばれようとも、「自分だけは大丈夫」と油断し、妻や恋人にもうつしまくるような気がする。 中国では性病検査キットが 大学の自動販売機で買える 本気で梅毒を封じ込めるには、性風俗産業でのキスとオーラルセックスの禁止、コンドーム使用の徹底、定期的な血液検査の実施。対策を徹底している業者には適応マークを発行し、利用者に安全を担保する。 利用者は、適応マークがある店以外には行かない。昨今の風疹予防対策と同じように、感染が心配な人には検査を受ける際に助成金を出し、金銭的負担を軽減する。検査で陽性となった人には、治療費を補助する。すべての過程において、プライバシーが守られるよう情報管理を徹底させる。 加えて、「検査を受けたら、安心なだけでなく、すごく楽しいことが待っている」的なご褒美がなければ、正常性バイアスを乗り越えさせるのはムリだ。 しかし、性病は、「自己責任」の最たるもの。そんな税金の使い方が許されるとは思えない。 ちなみにHIV感染者とエイズ患者の増加が深刻化している中国(HIV感染者は43万7377人、エイズ患者は32万1233人、あわせて75万8610人。エイズの死亡者は法定伝染病の中で最も多い)では、思い切った施策が行われていると、東京大学医科学研究所 アジア感染症研究拠点HPで林光江特任教授が紹介している。 学生の間でもHIV感染が増加傾向にある一方で、学生に対しては啓発活動による効果も表れやすいため、大学生は予防教育活動の重点対象になっているのだという。 「昨年(2017年)11月、清華大学、北京大学、人民大学等、北京市にある大学11校に、HIV検査キットの購入できる自動販売機が置かれた。特色としては医療施設での検査に比べ手軽で、プライバシーが保たれやすいことである。販売機の中には飲料やスナック菓子などとともに検査キットが並んでいる。販売機のタッチパネルを押してキットを選択し、スマホの電子決済で購入する。学生にとってはコーラを買うのとまったく同じ動作で検査キットが購入できる。大学プロジェクト価格30元と印字されている。今の学生にとって30元は高くはない」 30元は日本円で500円弱(11月26日現在、1元=16.28円)だから、確かにお手頃価格だ。またHIVは梅毒とセットで感染することが多いので、梅毒の検査も同時にできれば、梅毒の感染拡大防止にも役立ちそうだ。 もし日本で、同じように東京大学や京都大学の構内に検査キットの自動販売機が置かれたらどうだろう。インパクトも啓蒙効果も相当なものになるだろうから、ぜひ検討してほしい。 さもなければ5年後、「日本だけは大丈夫」と国民みんなが正常性バイアスを働かせている間に、梅毒感染が雪だるま式に拡大していても、まったく不思議はない。 検査キットバンクで検査キットが売られています!!コチラ⇒ https://kensakit.site/ by: DIAMOND ONLINEのニュースを引用 連絡先 Contato : https://kensakit.site/ 自動投稿 Postador autom?tico https://amigojp.com...

題名 A respeito : ブラジル大麻  2013年に大麻(学名カンナビス)の栽培と販売が公認された南米ウルグアイでは、昨年7月から、指定された薬局限定で、登録済みの市民への大麻販売も認められている。  また、米州大陸ではカナダ、コロンビア、メキシコ、ペルー、並びに米国内の20州以上で大麻流通合法化への動きが出ており、ビジネス・チャンスが発生している。  カナダの大麻会社の株価が、上場2カ月で500%も上昇するなど、大麻市場は過熱しており、ブラジルでも、将来の法令改定を見越して大麻会社が設立されたり、ブラジル国外に大麻会社を興したりといった動きが出ている。  その一つはヴェルジ・メッド・カンナビス・ラテン・アメリカ社だ。家庭用の清掃、衛生用品会社のボンブリル社社長から転身したジョゼ・バチェラー氏(53)が、同社社長を務めている。 同氏は「2022年までに、大麻部門に8千億ドルの投資を行いたい」と語る。  ブラジルでは大麻の売買は違法だ。大麻や麻の薬物成分カンナビノイドの一種で、治療抵抗性のてんかんの発作を抑える作用などがあるカンナビジオールの薬事利用だけが認められている。  国家衛生監督庁(Anvisa)は、登録者限定でのカンナビジオールの個人輸入を認めているが、高額な上に入手まで時間がかかる。カンナビジオールの個人輸入者は、月に平均3千レアル支払っているとされているが、これを国内で生産すれば価格は80%下がるという。  ブラジルでは現在、英国製のサティベックス(ブラジル名・メヴァチル)と呼ばれる経口投与用スプレーだけが、流通を認められている。このスプレーはカンナビジオールとテトラヒドロカンナビノール(共に大麻由来の成分)を含有する医薬品で、多発性硬化症に伴う疼痛緩和用の鎮痛剤として使われる。  ヴェルジ・メッド・カンナビ・ラテン・アメリカ社は、「大麻由来成分を含む医薬品のブラジル国内流通許可獲得」と「その後の医薬品の販売」を業務内容としていく予定だ。 by: ニッケイ新聞 連絡先 Contato : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00010000-nikkey-s_ame 自動投稿 Postador autom?tico https://amigojp.com ...

題名 A respeito : カナダ大麻合法化 ジェシカ・マーフィー、BBCニュース(トロント) カナダは17日、娯楽目的の大麻使用を完全に合法とする世界2カ国目になる。カナダの成人は、連邦政府から認可された生産者からの大麻の購入と使用が可能となる。 カナダの大麻使用率の高さは世界屈指で、特に若年層に多い。 カナダ人は、医療目的と娯楽目的を合わせて、2017年だけで推定57億カナダドル(約4900億円)を大麻に費やしており、使用者1人当たりの金額は1200カナダドル(約10万3000円)に上る。このほとんどが、闇市場の大麻だ。 娯楽目的での大麻使用を世界で最初に合法化したのはウルグアイだった。ポルトガルとオランダは大麻を処罰の対象から外している。 カナダでの完全合法化への移行から、勝ち組と負け組になりそうな人たちを一部、ここにそれぞれ挙げてみる。 勝ち組――弁護士今後数年は、大麻がらみの裁判が相次ぐはずだ。 「禁止体制からは遠ざかりつつあるものの、実に事細かく規制する枠組みになりつつある」。薬物合法化に関するトロントの法律専門家、ビル・ボガート氏だ。 規制の決まりごとが細かければ、利益団体が異議を唱えたり悪用したりできる余地がたくさんあるということになる。 飲酒運転と比べ、大麻に酔った運転をどう扱うのか、という大事な問題もある。また、大麻の精神活性成分THCの検知技術も、すでに信頼性に課題が生じている。 また一部の警察では、連邦政府が認可している路上での唾液検査器について、経費面での懸念や、寒冷地ではうまく作動しない可能性がある事実から、導入を見送っている。 ボガート氏はまた、食用大麻製品の規制(合法化は1年以上先)や、職場での医療用大麻の使用など雇用面でも、問題が起こるだろうと予測する。 負け組――家主解禁されば、大麻の消費は合法化される。連邦法のもと、一定以下の量ならば自宅での栽培も可能となる。 家主たちは、大麻喫煙に関する迷惑行為や個人での大麻栽培に起因する損害について懸念している。 これに対する先制攻撃として、アルバータ州の大手賃貸業者は9月、所有している建物すべてで、大麻の喫煙および栽培を禁止すると発表した。 各州は個人が大麻を使用できる場所についてそれぞれ規則を作っており、国内の規制が場所によってまちまちになっている。 例えばオンタリオ州では、たばこの喫煙が許される場所ならば、どこででも大麻の喫煙が許可される。 ニュー・ブランズウィック州、ニューファンドランド・ラブラドール州、サスカチュワン州では公共の場での使用は禁止されるため、入居者によっては大麻を使用できる場所が非常に制限される。 勝ち組――世界的ブランド大麻市場は一大産業になると予想される。大麻使用は悪いことだというイメージは薄れてきており、大企業は投資をしり込みしていない。 アナリストは、大麻の消費者市場の規模を42億〜87億カナダドル(約3600億〜7500億円)になると示唆しており、合法後の1年で340万〜600万人が娯楽使用すると予測している。 こうした数字が、大企業の関心を駆り立てている。 米飲料大手のコカコーラは、「健康機能飲料の原料として非精神活性成分カンナビジオールの拡大」に目をつけており、大麻を注入した飲料の開発に関して、カナダの認可業者オーロラ・カナビスと予備的協議を行った。 コロナビールのオーナーで酒類販売のコンステレーション・ブランズは、拡大する大麻需要から利益を得ようと、キャノピー・グロースに投資。大麻ベースのノンアルコール飲料を製造する。 キャノピーやオーロラ同様、他の認可済み上場大手生産者も、新規設備を建設し、合法化を前に生産を本格的に強化している。 負け組? ――「手作り」小規模生産者こうした大手の認可済み生産者や高騰する株価を前にして、小規模の生産業者は市場のどこに収まるのだろうか?  小規模生産者を擁護する人たちは、いわゆる「手作り」の、「クラフト・ビール」ならぬ「クラフト大麻」生産者が、違法製造を抑制し、娯楽目的の大麻の小売供給を十分確保するのに役立つとしている。 しかしそれでも、こうした小規模の業者は、資金繰りから土地使用や区域の規制に至るまで、困難に直面する。 多様な大麻取引の市場形成を促すため、カナダは特定の「小規模栽培者」と「小規模加工」の免許を用意した。 政府はまた、大麻がらみの暴力的でない軽犯罪で有罪となった人にも、免許証発行の可能性を検討している。 勝ち組――大麻研究者大麻が人体に及ぼす影響について、分かっていないことはまだたくさんある。 カナダでの医療目的や娯楽目的の大麻使用に関する研究は、大麻が規制物質だという理由でずっと進まずにいた。医療大麻は2001年に合法化されたのだが。 資金がなかなか調達できず、調査用大麻の入手も制限される環境では、研究のほとんどが危険性に焦点を当てたものだった。 しかし、大麻を取り巻く状況が変わる今、大麻使用の益と害両面を検討しようと、研究と投資が強化されそうだ。例えば、心の健康や神経発達、妊娠、心的外傷後ストレス障害の治療、運転、痛みについて、大麻がどのように活用できるかなどが注目されている。 勝ち組――ジャスティン・トルドー首相2015年総選挙の遊説中にジャスティン・トルドー氏は、自由党が政権を取ったら、大麻販売の合法化と規制のため、政策立案に「すぐに」取り掛かると公約した。 あれから3年たった今、トルドー氏はこの公約に「済み」印をつけられる。 トルドー首相は、合法化が若い世代のカナダ人を守り、犯罪者が闇市場から利益を得るのを防ぐとして、この動きを擁護している。しかし、社会的費用や健康・安全リスクについて、激しい議論が続く。一方、細かい規制内容を具体的に決めるのは州や地方自治体の指導者に委ねられており、気が遠くなるような仕事に多くの地方政治家は苛立ちを募らせている。 負け組――カナダの都市カナダ各地の都市は、大麻合法化の最前線にいるのは自分たちだと主張する。 新しい制度に関する政策の他、区域分け、小売場所、自宅での栽培、事業ライセンス、公共での消費に関する規制など、管理責任の一部を負うことになるのだ。 しかし多くの都市は、大麻に課される連邦税が自分たちの自治体にどう降りてくるのかまだ説明されていないと話す。 中には、合法大麻の店舗を一切許可しないとした都市もある。 連邦政府は、大麻販売から年間4億カナダドル(約340億円)の税収を見込んでいる。各州との合意内容によると、連邦政府は、年間1億カナダドルを上限とし、税収の25%を確保する。 残りは各州へ行き、そこから各都市の財源となる予定だ。 by: BCCNeWS 連絡先 Contato : マリファナ合法化バンザイ 自動投稿 Postador autom?tico https://amigojp.com ...

題名 A respeito : 在住外国人 日本で暮らす外国人が年々増えるなか、外国にルーツをもちながら日本で育つ子供たちも増加している。だが、日本語教育のサポートなど学校側の受け入れ体制は整っていない。肌の色の違いや日本語の拙さからいじめられるなど、疎外感やアイデンティティの揺れに苦しんでいる子も多い。 大坂なおみは3ヵ国にルーツ 9月、テニスの大坂なおみ選手が全米オープンで優勝すると、彼女の国籍やアイデンティティをめぐり日本のメディアやSNS上ではさまざまな意見が飛び交った。なかには、ことさら「日本人らしさ」を強調する報道や、彼女の容姿や日本語に言及して「日本人と呼ぶには違和感を覚える」などの差別的な表現まであった。 いずれも、自分たちが思う「日本人」という枠の中だけで大坂を語ろうとした、ステレオタイプな見方だった。 大坂は日本人の母親とハイチ系米国人の父親のもとに大阪で生まれ、3歳でニューヨークに移り住んだ。日本とハイチとアメリカという3つの国にルーツをもつテニスプレーヤーだ。 そんな大坂に対し、日本社会がやや過剰に反応したり偏見を押しつけたりした理由の一端は、彼女のように多様なバックグラウンドをもつ日本人の存在をあまり知らない、あるいはそうした人々にきちんと向き合ってこなかったからではないだろうか。 だが実際には、大坂のように複数の国にルーツをもちながら日本で育っている子供は大勢いるし、これからもっと増えていくことが予想される。そして、そうした子供たちは外見の違いや日本語力、制度上の問題などによって、「日本人」という枠の中からはじきだされたり、生きづらさを感じたりしていることが少なくない。 「もうこの世界にいたくない」 東京都内の小学校に通うデボラ(仮名、11)も、そんな外国ルーツの子供の一人だ。両親は南米出身で、長年日本で働いている。デボラは日本で生まれたが、この国は血統主義をとるため、彼女の国籍は両親と同じ外国籍だ。 デボラは以前、自分の体を傷つけたことがある。 なぜそんなことをしたのかと尋ねると、彼女は目を赤くして視線を落とし、絞り出すように言った。 「違うクラスの子たちに、あだ名で呼ばれたり……うちのこと『殺すよ』って言われたり……この世界にもういたくないって思って」 そのあだ名とは、デボラの名前から連想した、彼女を「害虫」扱いするものだった。「宇宙人」と呼ばれたり、石を投げられたりもした。いじめは何ヵ月も続いた。 学校ではあまり話さないし、「友だちはそんなにいない」と言う。「みんな、うちのこと嫌いだと思うから」 続きはこちら https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00000004-courrier-pol by: ヤフー 連絡先 Contato : https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00000004-courrier-pol 自動投稿 Postador autom?tico https://amigojp.com ...

題名 A respeito : 外国人在留資格(ビザ) 法務省は28日、2017年に日本の在留資格の取り消しを受けた外国人は前年比31.0%増の385人と公表した。  統計を始めた05年以降で、過去最多。外国人が日本で留学や就職をするなど、在留外国人の増加が背景にあるとみられる。  同省は今回初めて、取り消した在留資格の内訳を公表。「留学」が前年の86人から倍増の172人となり最も多かった。日本人の配偶者や子どもに与えられる「日本人の配偶者など」が67人、通訳や翻訳業といった「技術・人文知識・国際業務」が66人と続いた。  取り消しの理由は、失踪による留学先の学校からの除籍や離婚など。在留資格を得るため、偽装結婚を図っていた例もあるという。  国籍別では、ベトナム(179人)、中国(84人)、フィリピン(30人)などとなっている。  by: Yahoo! 連絡先 Contato : https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000069-jij-pol 自動投稿 Postador automático https://amigojp.com ...

題名 A respeito : 外国人労働者  立憲民主党が新たな外国人在留資格に関し、党内論議を進めている。  来年4月の導入を目指す政府が関連法案の提出を予定する秋の臨時国会までに、党見解をまとめたい考え。綱領で「多様性」をうたう同党内には、外国人受け入れに前向きな意見があるものの、支援を受ける連合は慎重な立場で、意見集約は曲折も予想される。  立憲はプロジェクトチーム(PT)を設置して検討に着手。12日の初会合では、出席者から「日本に10年居ても家族の帯同を認めないのは人権上、問題ではないか」「受け入れた労働者が都市部に流入すれば、地方の深刻な人手不足は解消されない」といった声が上がった。PT責任者は「賛成でも反対でもない」と強調した。  同党ベテランは、共生社会実現の観点から「外国人が日本社会に定着することを前提に合意形成できればいい」と語り、外国人就労拡大を容認する方向で集約すべきだとの考えを示した。  ただ、連合は外国人労働者の流入が雇用条件の悪化につながることを警戒。政府が新在留資格を含む「骨太の方針」を決定した際には、「働く者に甚大な影響をもたらす政策が安易に盛り込まれた」との談話を発表した。連合は10月にも、立憲や国民民主党の国会議員を交えた勉強会を発足させ、両党への働き掛けを強める構えだ。  by: ヤフー 連絡先 Contato : 💩 自動投稿 Postador automático https://amigojp.com ...